ホーム創建の住宅 技術的コンセプト PFP工法

「住まいを科学する技術集団」新木造住宅技術研究協議会で開発されたPFP(プレカット・フレーミング・パネル)工法をベースにして基礎断熱+スカート断熱、軸間断熱+外断熱壁倍率3.5倍の高耐震性などの目に見えない部分を高性能にし、かつ合理化を進めたオリジナル工法です。
簡単に言うと、「間取りやデザインの自由性と吸音性に優れた在来工法」と「耐震性、耐火性、気密性に優れたツーバイフォー工法」の良いところ取りで組み合わせた工法です。

PFP工法とは?
断熱・気密という技術がつくる快適環境を、もっと簡単に、もっと確実にみなさまへ。
PFP工法の主な特徴
乾燥集成材の強い柱・梁・土台と合理化金物。優れたパーツで現場作業の省力化、工期の短縮を図りローコストな高性能住宅を実現


■自由性
在来軸組の持つフレキシビリティをそのまま活かし、和風でも洋風でも自由なプランニングが可能。

■高品質化
柱や梁のジョイント部分は金物を使用しており、これにより施工性において省力化が可能となります。乾燥集成材と金物の組み合わせで施工後の歪みや撓みが抑えられます。
■高耐震性
高強度の集成材と金物接合により、強大地震にも耐える高い耐震性を実現。


■省力化
工場生産による高品質部材を現場で組み立てるので、容易に高品質な住宅が完成。工期の短縮にも繋がります。
柱や梁などの軸は全て乾燥集成材を使用。乾燥集成材は強度も大きく、建築後の経年変化による捩じれや歪みも少なく、耐震性、耐久性も優れています。

PFP工法の金物の特徴
PFP工法では「テックワン」という金物を使用します。
この金具を一般的な在来工法の継手、仕口部分に使用し、ボルトとドリフトピンで結束することで、以下のメリットが得られます。
・木材の加工欠損が少なく、耐力が大幅にアップ
・寸法精度の向上
・木材を落とし込んでピンを打つだけの簡単施工で現場の作業性がアップ
・金具場出っ張らず、断熱材・パネルなどがすっきり収まる
・構造材の完全部材化も可能
…などなど、木材軸組建築での品質向上や施工の合理化を可能にしました。



金具「テックワン」


ホーム創建の住宅 その他技術的コンセプト 

■基本仕様1
基礎断熱工法:スカート断熱併用と床下暖房と床下吸気による換気。

▲基礎外周を断熱し、基礎部分の凍結深度を低減させるためスカート断熱を併用する。 ▲スカート断熱施工
  1. 耐久性アップ=床下の乾燥状態が良好で、土台及び柱に腐朽菌が発生しません。
  2. メンテナンスフリー=電気配線、水回り配管、床鳴等の修理や改築工事で威力を発揮します。
  3. 床下利用=堀こたつ、床下収納空間等、アイディアで使い方が広がります。
  4. 床組のコストダウン=気密施工の簡略化。大引3.5角とプラ束仕様で材積ダウン。
  5. 床断熱の省略=グラスウールは工事中に雨で濡れると断熱性能が劣化します。
  6. 室内温度環境の向上=床表面温度が室内より3℃〜5℃高く快適。室温の低下速度が遅い。
  7. 暖房工事のコストダウンができます。
  8. 基礎工事は自社施工により、コストダウンをしております。


▲床下に暖房機を設置 ▲床下を収納空間として利用 ▲掘こたつも簡単に作れます。

※基礎断熱及び床下暖房は道立寒地住宅都市研究所が、これからの北海道の住宅に是非取り入れてほしいと強く推奨している工法です。
■基本仕様2
気密性能:

▲防湿シート加工 ▲コンセントボックス、換気口の防湿施工

1階と2階の階床部、2階間仕切上部、開口部、換気口や配管貫通部の先貼防湿層によるシームレス施工で高気密を実現。全棟お引き渡し前の気密測定実施と気密性能0.9cm2/m2以下の完全保証をしております。気密が良いから計画換気が可能。

■基本仕様2−1

性能保証 0.9cm2/m2
世界最高基準カナダR2000[0.9cm2/m2]

隙間相当面積の比較:
  • 一般在来木造住宅:9.0cm2/m2(平均値)
  • 次世代省エネ基準:2.0cm2/m2
  • ホーム創建の家:0.4cm2(平均値)

▲気密測定の様子。当社では気密測定を第三者に依頼しています。

■基本仕様3
高断熱性能:全棟、次世代省エネルギー基準をクリアー
高断熱だから暖房費も節約できます。
住宅エネルギーコストの比較
実績例:山口邸(平屋建て・延べ床面積/137.29u(41.45坪)・家族構成/夫婦二人)

旧住宅よりも床面積が増えたのに、エネルギー代は年間78,611円もお得!
※セントラルヒーティングの場合、灯油消費量は1シーズン30リットル/坪以下。(実績)
■壁の断熱構造
■基礎の断熱構造

■基本仕様4
ローコストパッシブソーラー
十勝の気候を熟知しているから出窓を使わず南面の窓は可能な限り大きくします。掃き出し窓で庭への出入り自由。

■基本仕様5
抗酸化工法:
ホルムアルデヒド等の有害物質を消去し、さらに抗酸化作用で住む人を健康にする作用があるといわれています。(白老在住の会田氏が開発した工法です。)

▲クロスを貼るのりに抗酸化溶液を混ぜて貼ります。 ▲抗酸化溶液の入ったシーラーと珪藻土を混ぜたものを基礎に塗ります。
■追加仕様
長期優良住宅・北方型ECO

長期優良住宅とは国が今年2009年6月からスタートさせた「200年住宅(長期優良住宅)」に基づく住宅。

長寿命かつ省エネで地球環境に配慮されており、資産としての住宅の価値が高く持続され、世代を超えて長く住み続ける事ができる家づくりを、国として推進していこうというものです。
ホーム創建では、この長期優良住宅の制度にいちはやく対応した住宅をすでに手がけており、オプションで対応可能となります。
詳しくはホーム創建までお問い合わせください。